前へ
次へ

弁護士は代理人も行います

弁護士はどういったことを行うかと言えば、裁判を依頼した本人の代理人として訴訟にまつわる一連の活動を行い、裁判に必要な交渉業務等を行います。代理人にはだれしもなれるわけではありません、依頼者に委任されている事を証明する「委任状」がなければ代理人として活動できません。委任状がなくとも依頼者からの案件を受けることは出来ます。ですが、代理人とは低低の場合は弁護士が行い、法的事務に関係した事全てに関与する事もできるのです。なので委任状とは弁護士を信用するうえでも何かあったときに依頼者を護るためにも必要な物で書類はなるべく本人が書いた方が良いでしょう。本人に書類の作成能力が無い場合は代筆をしてもらうための弁護士を雇わないといけないので費用は通常よりかさみます。

top用置換

top用置換2
Page Top