MENU

P

夏が近くにつれてどんどん出てくる顔汗にお悩みですか?

 

顔汗は時と場所を選ばず滝汗のように出てくるので自分だけがシャワーを浴びたようにびっちょりになって恥ずかしくなってしまいますよね。

 

人目につくと恥ずかしい顔汗。せめて生活に支障が出ないくらいに収まってくれ!!という心の叫びを持っている方に効果的な顔汗を止める方法をご紹介します。

 

顔汗の原因

まず、時分はなぜ顔に異常なほどの汗をかいてしまうのでしょうか?他の人をみても暑いといっても額から汗が垂れる程度で自分みたいに溢れ出てはいないですよね?

 

異常なほど出てくる汗の原因は、「運動不足」と「汗腺の休眠」が挙げられます。

 

もともと人の体には汗を出すエクリン腺が300万個あると言われており、そのうちしっかりと汗を出すのは半分です。

 

しかし普段から運動不足の場合汗をかく機会が減り、がやがて汗腺の機能が衰えます。

 

そうする普段よく動かしている顔の汗腺に一極集中してしまい、顔汗がダラダラと流れるようになります。

 

顔汗対策

では本題です。湧き出る顔汗を抑えるためにはどうすればよいでしょうか?

 

汗腺トレーニング

医薬品

ツボ

半側発汗

自律神経を整える

漢方

 

などが挙げられます。

 

ですがもうすでにそんなもの試してみたよ!!という方も多いと思います。

 

顔汗を止めるために手術を受ける事もできます。顔面多汗症のための手術として「胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)」というものがあります。

 

これは発汗を促している交感神経を切断する手術で、短時間で終わります。

 

しかし、気をつけなければいけないのが副作用をともなうという事。

 

顔やワキ汗をかく神経を遮断することで汗の量は抑えられますが、その反面「代償性多汗」といって顔以外の場所から汗が出てくる汗が多くなります。

 

つまり、顔から出るはずだった汗が他の場所から(胸、お腹、背中など)どんどん出てくるようになるのです。

 

この副作用に悩まされ、あとから手術をしなければよかったと後悔する方も少なくはないようです。

 

ただ気をつけなければいけないのが一度遮断した神経はまたつなぐ事はできません。つまり、また再手術でつなぎ合わせるといった事ができないのでよく考えてから手術を受ける必要があります。

 

手術が受けられない場合

いろいろ汗が出ない工夫はしてきたけど汗は止まらない、でも手術を受けるのも勇気がいる…といった方には顔汗制汗ジェルを購入する方もいらっしゃるようです。

 

この顔汗制汗ジェルは顔専用に作られているので市販の制汗剤を顔に吹きかけて肌が荒れてしまうといった事もなくピタッと止める事ができるといわれています。

 

効果には個人差がありますが。ほとんどの方が使用し続けてから数日後に顔汗が減った!と実感されています。

 

普通の人でも顔汗はかくので水滴1粒もかかなくなる!という事は難しいですが、今まで滝のように流れていた汗をグッと減らす事が可能になります。

 

今汗対策商品は数え切れないほどありますがサラフェは市販されていない通販でしか手に入らない今までありそうでなかった顔用制汗剤です。

 

肌に合わなければ1本まるまる使い切っても返金OKのジェルなのでお試しで使ってみてもいいかもしれません。